「赤ちゃん骨折女」初公判でもよくわからない『動機』

「可愛いですね、抱っこさせてもらえますか」こう言って抱っこした赤ちゃんの足を次々と骨折させ、傷害罪で起訴された女の初公判が8月9日(2010年)、宇都宮地裁足利支部であった。女は五月女裕子被告(27)。うすら笑いを浮かべて入廷した被告は、検察の冒頭陳述で赤ちゃんの足を骨折させた生々しい経緯が明らかになると、み…