札幌の大爆発、原因は大量のスプレー缶 なぜ120本ものガス抜きが必要だった?

札幌市の繁華街で16日(2018年12月)に起きた大爆発の現場から、大量のスプレー缶が回収された。不動産仲介業者の従業員は「消臭スプレー缶の120本のガス抜き作業をしていた。手を洗うために、給湯器のスイッチを付けたら爆発した」と話しており、事務所に充満したガスが引火したことで爆発が起きたと見られている。