「関係人口」で地域活性化=出身者、勤務経験者活用-総務省:時事ドットコム

 総務省は、その地域に現在居住はしていないものの、出身者や勤務経験者であるなど継続的な関わりがある人を「関係人口」ととらえ、地域活性化に生かす体制づくりを支援する。同省はこうした人たちが当該地域に「里帰り」して、イベントやボランティアなどに取り組むことを想定。2018年度に複数自治体をモデル指定す…