ペルセウス座流星群が極大(2017年8月)

2017年のペルセウス座流星群は8月13日4時頃に極大を迎えます。日本でのいちばんの見ごろも、12日の夜半頃から13日の明け方頃となるでしょう。今年は明るい月がずっと出ているため見える流星の数は例年よりやや少なく、流星が最も多いときに空の暗い場所で観察して、見られる流星は1時間あたり35個程度となると予想されます…