「左ききのエレン」3人の登場人物から見る 特性で生きるという事

「天才になれなかった全ての人へ」 このコピーを見たら、クリエイティブの世界に触れた人は胸の中で何かがうずくのを感じませんか? そんなあなたにぜひ読んでいただきたい作品、それが「左ききのエレン」です。